派遣ネイリスト

特定のネイルサロンと直接契約を結ぶのではなく、派遣会社と契約を結んで様々なネイルサロンやイベント会場を渡り歩く勤務形態です。
正社員のように毎日決まったお店に決まった時間から出勤する縛りがなく、仕事のお声が掛かった時だけ指定された場所でネイルのお仕事をします。

派遣のメリットは、すき間時間を有効活用して働ける事。
自宅でネイルサロンを経営していても思ったように集客出来ない事もあります。
そんな時「声が掛かった時だけすき間時間を活用して働く」スタイルには魅力があります。

@nailsでは派遣ネイリストの募集も掲載されています。
空いた時間を有効活用したい方は是非チェックしてください。


派遣ネイリストの体験談
派遣ネイリストMさん(34歳)
結婚・子育てを経て、再びネイリストに!

私はもともとサロンで正社員のネイリストをしていました。
結婚出産を機に、ネイルサロンを辞めしばらく家事と育児に専念していたんですが、
子供が小学校に入り、自分の時間に余裕が持てるようになったので、再びネイリストとして働くことにしました。
ですが、独身時代みたいに朝早くから夜中までネイルサロンでバリバリ働くというスタイルは今の生活スタイルに合っていません。
そこで私は、派遣のネイリストとして働く事にしました。

派遣での働き方は経験がなかったので、どんな感じなのか不安もありましたが今では派遣に登録して良かったと思っています。
私が派遣ネイリストとして働く上でメリットだと思ったのは”様々なネイルサロンで働けること”です。
私は独身時代、ネイルサロンでの経験は1店舗しかありませんでした。
なので、そのサロンで経験した事がすべてだと思っていましたが、様々なサロンで働くうちに
「サロンによって全然やり方もルールも、人間関係も得意とする技術も違うんだなぁ」と知ることができ、とても人生勉強になりました。

色々なことを経験するので自然とスキルアップするし、コミュニケーション力もアップしたと思います。

もちろん、派遣ネイリストとして働く上でデメリットだと思うこともあります。
1年中人気のサロンに派遣された場合はいいんですが、サロンによっては暇な時期になると契約を更新してもらえないことがあります。
そういう面では収入が不安定と言えるかもしれません。
それと、派遣ネイリストは即戦力を求められることが多いので未経験は不可な場合が多いです。

「結婚してネイル業界から離れていたけど、また働いてみたい。」
「自分の時間を大切にしつつ、ネイリストとして条件に合う働き方をしたい。」
という人にはお勧めの働き方だと思います。

  業務委託兼場貸し

「業務委託兼場貸し」とは、エステサロンや美容室の一角を借りてネイルサロンを営業させてもらうこと。
この方法のメリットは、初期投資が少なくて済む、広告費があまりかからないなどがあります。

人気のある美容室やエステサロンで場所を貸してもらえば、ヘアカットやボディマッサージのためにやって来た顧客の待ち時間にサッとネイルケアが出来ます。
お店にやって来た顧客を固定客として掴めば、経営も安定しますね。

サロンのスペースを間借りする経営なので、もしもお店の外壁が壊れたり電球が切れた場合なども修理費は基本的に支払う必要はありません。
場所代を毎月支払えば問題ないケースが殆どです。

心配な方は間借りさせてもらう時に修繕費や維持費の負担などについてしっかり話をしておきましょう。