正社員やアルバイト

ネイリストとしての働き方には、大きく分けて特定のネイルサロンやエステサロンと雇用契約を結ぶ「正社員」や「アルバイト」と、派遣会社と契約して様々なネイルサロンやイベント会場に派遣される「派遣ネイリスト」があります。

またネイリストの場合「業務委託兼場貸し」と呼ばれる雇用形態もあります。
自分に合った働き方が選べるのが魅力ですね。

このページではネイリストのさまざまな雇用形態についてまとめています。

ネイリストの求人は、そのほとんどがネイルサロンの求人となっています。
他の業種ではトータルビューティーサロン、エステサロン、マツエク併設サロン、イベント会場などもありますが、全体的に言えばネイルサロンの求人が約8割。
殆どがネイルサロン求人なのです。

正社員として働く

正社員やアルバイトで働く雇用形態はネイルサロンとネイリストが直接契約を結び、特定のサロンで働くパターン。
一番多く募集されている雇用形態です。
ネイリストがネイルサロンで働くと聞けば、一番多くイメージ出来る働き方ですね。

正社員の場合は、ネイルサロン専属ネイリストのようなもの。
仕事の責任が重い反面、給与面や福利厚生面がパートよりも手厚いのが特徴。
ボーナスが支給されるのも正社員です。

  正社員で働くメリット
・正社員の相場初任給は18万ほど
安定した収入を得られる
・長期働く中で給与アップを目指せる
「産休」や「育休」など女性に嬉しい制度が整ってる場合が多い
出産や育児には柔軟に対応してくれる職場が多い
・店舗によっては資格取得の支援やセミナー参加費負担を利用できる
・ボーナスが支給される

  正社員で働くデメリット
・責任が重い
・退勤時間が遅い
・クレームの対応をしなければならない

アルバイト・パートで働く

これに対してアルバイトやパートのような非正規雇用は、働ける時間が比較的自由に設定出来るのが大きなメリットです。
まだお子さんが保育園に通っているのでフルタイムでは働けない、そんな方にはおすすめの働き方です。

  アルバイト・パートで働くメリット
・休日や勤務時間に比較的融通が利く
・責任が正社員に比べ軽いので気持ち的に楽
・働きながら技術を持つプロのもとで勉強できる

  アルバイト・パートで働くデメリット
・お店が暇の場合、早上がりさせられる可能性がある
・時給制なので収入が不安定
・福利厚生がない・手厚くない